Interview File 19

試行錯誤しながらのステップアップ

登井 茉緒

2021年

担当番組

林修の今知りたいでしょ!(テレビ朝日)

MAO TOI

Q 入社を決めた理由
なかなか他の制作会社から内定が出ず、ラストチャンスとして応募したのがレジスタX1でした。
ラストで吹っ切れていたということもあり、面接では自分をさらけ出してかなりハジけてしまったのですが、それを面白がってもらえたので入社を決めました。
Q 現在の仕事のやりがい
テレビ制作は番組によってやり方やルールが違うので新しい現場に行く度に新しいことを学べて楽しいです。
また、最近はディレクターとしての業務もしており、今まで自分が見てきたことや学んできたことを武器に、試行錯誤しながらステップアップを目指すというところにやりがいを感じています。
Q 過去で一番印象に残っている仕事のエピソード
憧れの芸能人にカンペを出したことです!
今まで画面の向こう側にいた人と一緒に番組を作っていることに感動しました。
また、街中でインタビューをした方に「頑張れ」や「いつも観てるよ」と言っていただけたこと、取材先の方が暖かく迎えてくださったことがとても嬉しく、印象に残っています。
あとは教習所のロケで初めて車を運転したことです!
Q 仕事をしていて一番辛かったこと!
先輩も解決策が分からない仕事を1人で解決しなくてはならなかった時です!
答えの出ないことに対して悩み続けるのは辛かったです!
その番組では他にも1人で放り出されることが多かったので辛い時は多々ありましたが、その分途中から入ってきたADさんととても仲良くなりました!出会って2年程経ちますが、今でも仲良しです!

学生の皆さんへ一言

私にとって就活は人生のイベントの中でトップレベルに辛くて、正直、めっちゃ嫌でした!笑
今でももう一度やれと言われたら断固拒否ですが、あの時就活をしなかったら「東京のテレビ業界で働く」という生活は無かったし、東京の友達にも出会えなかったので、就活をして良かったなとは思います。
辛いこともあると思いますが「就活」の先で手に入れられる素敵なものはたくさんあるので、無理せず頑張ってください!