REGISTA X1
株式会社レジスタX1

03 STAFF 制作スタッフ

テレビ番組制作って?

座談会@東京オフィス

座談会には中堅ディレクター陣と新人AD3人が参加。テレビ番組の制作現場の様子や苦労話、そして先輩から新人へ愛情(突っ込み?)を交え、レジスタX1を紹介致します。
  • 1
  • 2

新人AD:辛いこと、大変なことは?
梅田AD 番組にもよると思いますが、細かいところまでの「裏取り」が大変ですね。
例えば「日本一」と紹介する場合、本当にそれが一番なのかどうかの確認が必要になります。(発信する)情報を正確さのために、その証拠を見つけないといけないんです。ちゃんとした情報じゃないと駄目なんです。
古田D 取材した人の発言では証拠になりません。
ちゃんとした情報である確認のために、例えば、公官庁の調査や統計を参照するなどの必要があります。
梅田AD 作る楽しさの反面、実家帰ると家族や親戚から「見てたよ。」とか言われると、自分の扱っている情報への責任というか重圧感のようなものを感じます。
尾崎P 必要に応じて難解な学術論文も読まないといけないし、ファッションだったらファッション、料理だったら料理の勉強が必要なります。
まぁ悪く聞こえるかもしれませんが全ての分野で、浅く広く知らないといけない。
そのかわりに、一般の方が普段行けないようなところに行けることもありますし、貴重な体験ができることもありますね。
ディレクターになるまでの期間は?!レジスタの特色
前田D レジスタX1では2年ADで3年目にはディレクターになると方針でやってます。
ただ2年ADやったから急にディレクターになれるということはなくて、2年の間に実際はADだけど、例えば街頭インタビューや簡単なロケからディレクターとして現場に行くことで経験を積み重ねていきます。
そしてどれくらいの期間でディレクターになれるのかは結局、個人の意識次第だと思います。
10年間ADの人もいますし、何歳になってもADの人もいます。
どれだけがんばるか、どれだけ殻を破るか。ディレクターになりたいって思って取り組むか。その意識にかかってます。
ディレクターになりたいという強い思いがあれば、他に恥じることのない、胸を張って仕事が出来るディレクターになるための道筋をこのレジスタX1ではきちんと教えますし、学べると思います。
後輩をきちんと教えない。育てようとしない会社も中にはありますが、そこと根本的に違うのがレジスタの特色だと思いますね。
尾崎P なんででけへんねんって怒ることは誰でも出来ると思うんですけど、僕らの場合はその先を問います。
「なんで出来なかったのか」
「なんで伝えられなかったのか」
の理由を考えるように懇々と、問いつめていきます。
学生時代にはそんなことなかったと思うので、しんどいとは思いますけど。。。笑
しゃべりのうるさいディレクター集団
尾崎P うちらしゃべりうるさいんですよ。
だって僕ら1時間の番組を10分でタレントさんに説明しないといけないような場合が多々あります。
そうしたらダラダラ話すわけにはいかないんですよね。
ピンポイントで分かりやすく簡潔に、且つバラエティーの場合は面白く話さないと。
演者さんが面白いと思ってくれないと駄目なんで。
古田D 面白さというのは叩き込まれましたね。
僕らはレジスタX1の売りとも言えるバラエティー番組が一番という環境で育てられました。
だからしゃべりに関しては厳しく、フリが長くてオチが弱いしゃべりは、全然アカンと怒られました。
しゃべりの基本というのはフリが短く、オチは大きく。これや(笑)と。
しゃべる度に毎回怒られましたから。だけど、まじめな番組でも笑いも交えながらプレゼンできる。これ凄く大事ですね。
笑いの力、凄いと思います。
尾崎P 話に興味をもってもらうもは重要なことで、何が言いたかったの?と伝わらないことは一番マズいと思います。相手に何を伝えるのかが明確であればどこに行っても通用するようになると思います。
そうするうちに光るものを感じてもらえて、君おもしろいねと言われるようになると思います。
前田D これもうちの特色の一つだと思いますね。しゃべりを鍛えられるというか。笑
新しい方達にメッセージ。こんな新人求む!
前田D 何にでも興味があって、面白がれる人。どんなことにも好奇心旺盛な人が入ってくれたら会社も面白くなるかなと思います。
尾崎P 何でも興味もっていないとあらゆる番組には適応できないし、面白がってやらないと相手に伝えることができない。そのためにも何事にも興味もって、浅く広くの興味というのはそれはそれで辛いと思いますが、そういう人が欲しいですね。
前田D アンテナは浅く広く、追求は深くみたいな感じですね。
古田D 3年間は死ぬ気の覚悟でやる。っていうくらいの思いを持って来てほしいです。
それくらいの思いを持って来てくれたのであれば、絶対に早く育てます。
梅田AD 番組制作がしたい人、ディレクターになりたい人はレジスタX1に入って後悔することはないと思います。
尾崎P ホンマかいな!?
前田D お前さっき、右も左も分からないって言ってたやないか。
野元AD 僕は仕事と、この会社の雰囲気が好きで、面白いことに興味が持てる人に入ってもらいたいと思います。
奥口AD 僕は男女問わず、元気な後輩が欲しいです。
尾崎P 今、新人ADの彼らと一緒に新しい時代を作り上げていける、そんな新しいメンバーを求めます。 -終-



  • 1
  • 2